最期を過ごした場所2012年09月17日 09時05分


どうも、どうもどうも!ササナオでございます!

いかがお過ごしでしょうか。
今日は、ブログ1日目のローベルト・シューマンとの写真を撮った、
シューマンハウスを訪れた時のことを少し。

シューマンハウスは、ドイツのボンという町にありました。
「シューマンハウス」と聞くと、シューマンが住んでた家かな?
と思われるかもしれませんが、残念ながらシューマンが住んでいて
たくさん曲を書いた場所!ではなく、彼が亡くなるまでの2年間を
過ごした精神病院だった場所なんです。
現在はシューマンやクララの楽譜、写真などが展示してある資料館、
また図書館として利用されています。

ライン川に身を投げて、死にきれなかったシューマンが残り2年を
ここで過ごしたのか。
クララとも会えず、一人何を思って暮らしていたのか。
緑と青空が見える窓から心地よい風が入ると、そんなことを考えて
いました。
しかし、シューマンはこの精神病院に入るずいぶん前から病んでいて、
もしかしたら自分からこの静かで穏やかな場所を求めていたのかな、
とも思ったり。
そして彼はこの場所で息を引き取り、同じボンにあるAlter Friedhof
という旧墓地で眠っています。クララも一緒です。

その墓地にも訪れました。駅から歩いて10分くらいなのですが、
歩いている最中、なぜだかシューマンに会えるような気がしてずっと
ドキドキしていました。

シューマンは心に何か重いものを常に持ちながら生きてきた作曲家、
言い換えれば、人一倍思いが強い、自分の感情に正直な人だった
んだと思います。

そんな彼のあらゆる感情がぎっしり詰まった曲の一つが、私が今回
演奏します、チェロ協奏曲と言えるかもしれません。
私はシューマンではありませんし、彼の心の中を知ることもでき
ませんが、こういったシューマンが過ごした場所、シューマンが愛する
クララに送った手紙、シューマンに関する本などが今も残っている限り、
シューマンという人物像を描くことができます。
それをチェロ協奏曲という音楽、チェロの音でみなさんに伝えることが
できたら何よりです。

初めて聴く方にとっては少し難しい音楽かなと思われるかもしれませんが、
聴けば聴くほど心に届く音楽ですので、演奏会が終わっても、CDや
映像などで聴いて頂けたらいいなと思います。


佐々木夏生(チェロ)

Seoul2012年09月17日 10時03分


アジアで公演した2つのことを書こうと思います。
まずは、ソウルで上演したプッチーニ作曲オペラ「蝶々夫人」。
昨年、5月に東日本大震災のチャリティー公演として歌いに行きました。
場所は韓国ソウル、セジョンセンターです。
韓国へ歌いに行くのは2度目でした。

演出はイタリア人でしたが、着物は不思議な芸者風、
花魁を意識したようです。
舞台上には突然、戦国時代の旗を持った男性が現れてしまったり...
どうしようかと思いましたが、以前ヨーロッパで観劇したものの中
でもかなり中国に似た演出もありました。
日本と中国の違いは海外の人にはわかりにくいようです。
日本の美はとても繊細で素晴らしいのですが。

食事の面では、美味しくキムチやお肉を頂く機会が多かった
ソウルですが、オペラのリハーサルは数週間に及びますので
日を追う毎に少し大変になってきます。
同じホテルに滞在していた日本人やイタリア人と外食する時には、
なるべく唐辛子の少ないものを頼んでホッとしてみたり。
中国滞在も食事には注意していました。
日本の食事が一番体に優しく、安心です!

パワフルで洗練されたソウルでチャリティー公演という意味の
ある舞台で蝶々さんのお話をオペラ歌手として伝えられた喜びは
一生忘れられません。
終演後のサイン会には大勢のお客様が並んでくださり、
日本人であることを誇りに感じる時でした。


安藤赴美子(ソプラノ)

幸福のだるま2012年09月17日 12時54分


こんにちは!中園理沙です。
ブログ4日目の今日は、ちょっと珍しい光景をご紹介します。

とあるコンサートの移動中、高崎駅(群馬)に降り立つと、
巨大な「高崎だるま」の姿が目に入りました!!
何と、定番の赤色はもちろんのこと、白、黒と三色のだるまが
高崎駅構内にあるのです!

高崎と言えば、だるまの生産量を誇る地ではありますが、
まさか駅にこんな立派なだるまがあるなんて!!(゜ロ゜)

その名も「幸福のだるま」

んー、何とも素敵な響き。

イイコトが起きそうな予感がしませんか?(^_-)-☆

そう、私はこの時、正にこれから会場入り、リハーサル、
本番という緊張と真剣勝負の時間を控えていた所だったので、
思わず出逢った“幸福のだるま”の存在に、とても勇気づけられ
たのでした!何とも単純なのですが、
「今日のコンサート、きっと上手くいく!」と、思えたのです。

こうして、旅の途中にふと出逢ったものや人々、
景色に励まされることは決して少なくありません。

さて、仙台ではどんな出逢いが待っているのでしょう♪

楽しみです!


中園理沙(ピアノ)