仙台でお目に掛かりましょう!2012年08月16日 09時56分


1週間私たちのblog記事にお付き合い下さり、ありがとうございました!
皆々様と仙台の街でお会いできるのを心待ちにしております。

まずは今後の予定として、カバー第3弾のマイケル・ジャクソン・クラシックス
のレコーディングに向け、メンバーそれぞれ練習に励んでいます。

CDリリースは11/21(水)を予定していますが、せんくらではCDリリース
よりも一足先に、本邦初!の私たちのマイケル・ジャクソンを
お届けします!!
今年から来年に掛けてのコンサート・ツアーで着用する衣装も仙台で
披露する予定ですので、こちらもあわせてお楽しみになさって下さいね。


【3】
9月28日(金)19:00~20:00
青年文化センター/コンサートホール
「ビートルズ、クイーン、マイケル・ジャクソンクラシックス」
ピアノ・カルテットで聴くあの永遠の名曲!
料金:1,500円
対象年齢:小学生以上
曲目
ビートルズ
ノルウェーの森、抱きしめたい、イエスタデイ
クイーン
ボヘミアン・ラプソディー
ウィー・ウィル・ロック・ユー
ボーン・トゥ・ラヴ・ユー
マイケル・ジャクソン
スリラー、今夜はビート・イット
ディス・イズ・イット
ほか

もう1公演は、なんとなんとチケット完売とのお知らせが!!!
何と嬉しい事でしょう!
チケットをお持ちの皆様、イズミティ21 小ホールで一緒にロックしましょう!
こちらはビートルズ&クイーンのプログラムです。


【51】
9月29日(土)16:00~16:45
イズミティ21/小ホール
「ビートルズ & クイーン ロンドン・クラシックス」
ピアノ・カルテットで聴くあの永遠の名曲!
• 料金:1,000円
• 対象年齢:3歳以上
曲目
ビートルズ
ノルウェーの森、抱きしめたい、イエスタデイ
クイーン
ボヘミアン・ラプソディー
ウィー・ウィル・ロック・ユー
ボーン・トゥ・ラヴ・ユー


初めての仙台、憧れのせんくら・・・9月を楽しみに日々邁進したいと
思っています!

お目に掛かるのを楽しみにしています!


1966カルテット(アンサンブル)

甘いもの2012年08月15日 09時58分


今日はメンバー揃っての練習日でした。
終わってみたら、約7時間ほどが経っていました((((;゜Д゜)))))))

。。あ、すみません、途中、ちゃっかり休憩しましたm(._.)m(笑)

写真は、その休憩時間のものです♪

私たち、練習で集まることも多いのですが、何故かいつも、
何か食べてるんですよね。。(^_^;)
別に、お菓子当番がいるわけでもなく、順番に買ってくる協定を結んで
いるわけでもなく、暗黙の了解のようなものもさっぱりないのに、
ナゼかいつも誰かがお菓子、持ってきちゃうんですよね。
甘いものに目がない者たちの、哀しき性ってやつですかね。。(笑)

コンサートで地方に行っても、その土地で食べなきゃいけないもの
リサーチをばっちりしていって、もれなく食べに行く&買って帰ってます!
特に、花井ちゃんは、リサーチ担当みたいになっちゃってるので、
執念がハンパないですよ(笑)


そういえば以前、姫路公演のときにも。。

前日から姫路入りしていたんですが、翌日公演日、ホテルの朝食を
蹴って、あえて早起きして地元の喫茶店にわざわざモーニングに
行くという荒技を4人揃ってやりましたね(笑)
アーモンドクリームトーストが食べたくって。。


せんくらでは、普段のコンサートよりも長く滞在できますから、
一体どれだけ美味しいものをいただけちゃうのか、
どんな荒技が飛び出すのか、今から楽しみで仕方ありませんo(≧▽≦)o

リサーチ頼むよ!花井ちゃん!!♪( ´▽`)


1966カルテットでした☆

メンバー紹介【4】2012年08月14日 11時12分


1966カルテット自己紹介リレー、ラストはピアノの江頭美保です。

この度、仙台クラシックフェスティバルという大きな舞台に出演させて
頂く機会を頂き、大変光栄に思います。
1966カルテットの公演の他、ヴァイオリン花井悠希ちゃんの
ソロコンサートでは伴奏も務めさせて頂きます。
会場で皆さまにお会いできるのを楽しみにしています♪
どうぞ宜しくお願い致します。

皆が書いていたように、私にとっても1966はとても楽しく心地の
いい場所です。

こういう仲間と音楽が出来るというのは幸せですね…♪

1966カルテットの活動はこちらで更新しています!
http://ameblo.jp/1966quartet/

さて、私は本を読むこと、映画を観ること、散歩すること、美しい景色を
眺めること、コーヒーを飲むこと、そして美味しいものを食べることが大好き!

そうそう、仙台も美味しいものが沢山あるみたいですね…♪
メンバーの皆と同じく、今回が初めての仙台です。
以前から是非訪れたいと思っていたのですが、それがこのような形で
実現するとは本当に幸せなことですね。

緑が溢れ、歴史もあり、食べ物も美味しく素晴らしい街だと聞いています、
とても楽しみです。
そして、2011年に震災の被害を受けられたこともやはり忘れられません。
仙台に住む友人たちから様子を聞き心配したことを昨日のことのように
思い出します。
わたし一人の力はごく小さなものではありますが、しっかり演奏して、
復興に向かう仙台を少しでも応援出来たらと思っています。


ではでは、
自己紹介リレーを終えて、
次は何の記事でしょうか♪どうぞお楽しみに~!


江頭美保(ピアノ)

メンバー紹介【3】2012年08月13日 10時41分


ヴァイオリンの松浦、花井に続き、今回は私、チェロの林はるかが
ブログを書かせていただきます!

もともと音楽をする時は、一人で演奏するよりも、アンサンブル
するのが大好きで、普段から室内楽やオケなどを演奏している
時はすごく幸せだし、そしてもちろん、この愉快な1966カルテットの
中で音楽をすることも、いつも楽しくて、それに色々勉強もさせて
もらっています!


実はこの1966カルテット、ヴァイオリン二人にチェロ、ピアノという、
通常のピアノ四重奏とは異なった編成なのです。
四重奏というよりも、ピアノ五重奏からヴィオラが抜けた形、
と考えた方が、イメージとしては近いかもしれません。

ヴィオラがいない訳なので、その役割をチェロがカバーしていかな
ければならないのです(>_<)
チェロにとっては、仕事が増えるので大変なわけでありますが、
そういう中で皆とアンサンブルし、よりよい音楽を作っていくことに
喜びを感じています!


そして今回、私にとって初めての仙台!
仙台出身の友人は何人かいて、とても良いところだと以前から聞いて
いたので、今回訪れて演奏の機会をいただけること、とても嬉しく大変
楽しみにしております。
(せんくら最終日のドコモスペシャルコンサートでソリストを務める、
仙台出身のヴァイオリニスト佐藤優芽ちゃんは、私の大学〜大学院の
同期で、一緒に室内楽を組んでいたこともあります!)

そうそう、あと仙台といえば笹かまですよね、私の好きな食べ物の
ひとつなので、本場で味わうのが待ちどおしいです(*^o^*)♪


コンサートで皆様にお会いできること、とても楽しみにしております!
どうぞよろしくお願いいたします!

さて、最後はピアノの江頭美保になります!どうぞお楽しみに〜o(^▽^)o


林はるか/1966カルテット(アンサンブル)

メンバー紹介【2】2012年08月12日 11時35分


りさちゃんの次は、ワタクシ、花井悠希が担当させていただきます。


今回のせんくらでは、ありがたいことにソロの方でもコンサート
させて頂くので、先日こちらのblogも担当させていただきました(^-^)

そこで私のいろいろを結構話してしまった気もするので、
今回は私が思う1966カルテットを書いてみようかなと思います。

1966カルテットの活動も三年目に入り、だいぶお互いのことを
分かりあえるようになってきた気がしてるこの頃。

各地でコンサートしたり、リハーサルしたりしていく中で仲良くなって
ましたが、今年の春にコンサートのために乗船した飛鳥IIでの11日間は
私たちにとって、すごく濃い時間を過ごすいい機会になりました。

みんなで各地へコンサートートに伺う時でも長くて三日間くらいしか
一緒にいることってなかなかないので、もはや11日間は想像も
つかない未体験ゾーン。

乗船まではいろいろとドキドキしていたのですが、、、



結果は、、、



上記の写真の通り(´∀`)笑



前から仲の良かった私たちですが、四六時中共に過ごしたおかげで
いい意味で気楽になって距離もぐんと近づいた気がします。


そんな私が思う1966カルテットのメンバー。

私は、このカルテットではすっかりみんなに甘えちゃっているような
気がします。


まずりさちゃん。
言わずもがな不動のリーダー!

私の中で断トツのかっこよさのりさ様。
キリッとしてて立ち姿がかっこよくて、いつも愛のあるツッコミで
盛り上げてくれます。

りさ様の前ではついついふにゃりとして愛のあるツッコミをどことなく
待ってしまっている自分がいます(笑)

あ、ちなみに、りさちゃんとみほちゃんを、なぜだか『様』付けでつい
呼んでしまうのはここで打ち明けておきましょう。



そして、みほ様。

ほんわか癒しのオーラを纏っていていつもリラックスさせてくれます。

だけど、時々急上昇する(美味しいものを食べに行くときや新しい
土地に降り立った時等に度々ひきおこります)私のテンションにも、
1番ついてきてくれる美保さまに内心嬉しくてたまりません。



そしてラスト、はるかちゃん!

いつもどことなく落ち着く安心感をくれるしっかりもののはるちゃん。
だけど、チェロを弾く時にはいつもと違ったかっこよい顔が
見え隠れするのがたまりません!

ソロの方でも共演してもらっているからか、一緒にいるととても
落ち着く存在です♪


そんなはるちゃんがお次は担当です!

よろしくお願いしまーす!


花井悠希/1966カルテット(アンサンブル)