音楽祭 その12012年08月05日 10時41分


せんくらブログ3日目!

今日は私が参加した事がある“音楽祭”について、
いくつか書いてみたいと思います。

まず先月参加したばかりの霧島国際音楽祭。
(写真は滞在したホテルの部屋からの景色。
温泉地なので、その煙がいくつも見えます!)

国際という名前が付いている通り、韓国、台湾、ドイツ、アメリカ、イタリア、
イギリス、ポーランド、ロシア、と様々な国から演奏家が参加していました。
講習会に参加した生徒も色々な国から来ているので、レッスンは英語
を使う事が多かったです。

自分の語学力の無さを痛感しましたが(ドイツ、フランスに留学したんで
すけどね…)、優秀な生徒達から刺激を沢山受けました。

十代、二十代の吸収力の凄さ、器用さには羨ましくなります。
また先輩演奏家の知識の深さ、音色の豊かさには、その方々の人生が
滲み出ている様な気がして、とても憧れました。
色々な世代と音楽で交流させて頂いたおかげで、自分のこれからの
目標を新たにいくつか持つ事が出来ました。

また、ボランティアスタッフの皆様の心のこもったおもてなしには、
感激!名物・黒豚の美味しかった事!!

滞在ホテルの近くの料理屋さんも、音楽祭初参加の私の名前を
すぐ覚えて下さり、「神谷さん、神谷さん」と親しくお声掛け下さり、
とってもアットホームな雰囲気をつくって下さいました。
霧島に来年また伺えるのが、今からとても楽しみです。


神谷未穂(ヴァイオリン)

SLに乗って・・・inスイス2012年08月05日 11時03分


昨日の写真、プロが写したものではありません。
空気が綺麗だと誰が取ってもああなるのかも~

Brienzから、このSLに乗ります。
急勾配のため、車両はもともと斜めなんですね。
僕は別に電車オタクではないんですが、興味津々。


西江辰郎(ヴァイオリン)

修行時代に先生に言われた印象的な言葉【3】2012年08月05日 13時33分


「明日から音楽をやめますと言ったら、何人の人が悲しみますか?」
(クラウス・ヘルヴィッヒ先生)

そう問いただされた時私は、音楽人生で最大のスランプを迎えていました。
レッスンやコンサートを控えているのにピアノの蓋を開けただけで
吐き気がするので、先生に電話をして、正直に「ピアノを弾きたくなくなった」
と相談しました。

先生はそんな私をご自宅に招いて下さり、食事の席でこの質問を
投げ掛けられたのです。

考えてみると、今までに大金を投じて育ててくれた両親と、子供の頃から
かわいがって下さった先生方のほかに「青柳」がピアノをやめて本気で
悲しがる人は確かにいません。
つまり先生が言いたかったのは、こういう事です。

「音楽はあなた無しでも悠然と存在する。

あなたは音楽無しで悠然と存在できますか?」

興行的な成功や認知度を差し置いても、本気で音楽を欲してさえすれば
満ち足りているのが音楽家の筈なのです。

今でも心に残る貴重な言葉です。


青柳晋(ピアノ)